税務関係|書籍のご案内|株式会社財経詳報社

書籍のご案内

税務関係

租税理論研究叢書32 災害・デジタル化・格差是正と税制のあり方

ISBNコード 978-4-88177-493-9
著者 日本租税理論学会 編
定価 ¥3,080(税込)
発行年月 2022年10月

主要内容

日本租税理論学会第33回研究大会での記念講演、一般報告、シンポジウムの報告と質疑応答「討論」を収録。

主要目次

講演 コロナ禍における内部留保と課税…谷江武士

Ⅰ シンポジウム 災害・デジタル化・格差是正と税制のあり方
1 東日本大震災被災自治体の復興格差と地方税……桒田但馬
2 AI・ロボット税の導入論議……泉 絢也
3 デジタル課税における無形資産の取扱い─ネクサスと利益配分の議論を中心に─……谷口智紀
4 適格請求書等保存方式への移行と電子インボイスの課題……山元俊一
5 格差拡大を加速させるインボイス制度─付加価値税の理論及び歴史から読み解く性格規定の再吟味と新付加価値税の構想─……松井吉三
6 アメリカEITCのノンコンプライアンスにおける法的問題点─最近の裁判例を検討素材として─……道下知子
7 経済のデジタル化と課税をめぐる国際協調と米国の税制改革……篠田 剛
8 討論 災害・デジタル化・格差是正と税制のあり方

Ⅱ 一般報告
課税所得計算調整制度の日米比較……倉見智亮
ページ先頭へ戻る