税務関係|書籍のご案内|株式会社財経詳報社

書籍のご案内

税務関係

租税理論研究叢書31 企業課税をめぐる内外の諸課題

ISBNコード 978-4-88177-484-7
著者 日本租税理論学会 編
定価 ¥3,080(税込)
発行年月 2021年10月

主要内容

日本租税理論学会第32回研究大会での記念講演、一般報告、シンポジウムの報告と質疑応答「討論」を収録。

主要目次

Ⅰ シンポジウム 企業課税をめぐる内外の諸問題

1 近年日本の地方法人2税の税源偏在と東京 関野満夫
2 国際的デジタル企業課税と各国のデジタル企業課税の動向 望月 爾
  ─OECD における「2つの柱」に関する議論を中心に─
3 コロナ禍と災害税制・被災者救援税制の課題 岡田俊明
4 パンデミック下における国税通則法11 条の適用を巡る諸問題 高木英樹
  ─個別指定の申請に対する国税庁の特別な対応を素材として─
5 ドイツにおけるコロナ危機下の税制支援 奥谷 健
6 討論 企業課税をめぐる内外の諸問題
ページ先頭へ戻る