税務関係|書籍のご案内|株式会社財経詳報社

書籍のご案内

税務関係

アナリスト・弁護士・税理士が伝授する財産を減らさない分散管理のポイント100

ISBNコード 978-4-88177-467-0
著者 津金眞理子・酒井ひとみ・絹川恭久・武藤雄木・早河英太・矢内一好 著
定価 ¥2,750(税込)
発行年月 2019年12月

主要内容

弁護士、税理士、国際税務の専門家、資産運用のプロが集結し、儲けることより減らさない「分散管理」というコンセプトをもとにわかりやすく解説。専門的な深い知識と豊富な実務経験をもとに、資産運用・管理、信託・財団、事業継承、相続税、国際税務に関する重要なポイントを厳選して、初心者にも読みやすい100の項目に分けて解説する。

主要目次

第1章 財産を減らさないための分散管理ポイント

1 顧客重視へと変わる運用業界のポイント
2 資産運用の大原則
5 資産の分散を考える際のポイント
11 金(ゴールド)の分散効果のポイント
15 分散投資に関するリスクとリスク管理のポイント

第2章 分散管理の法務ポイント(国際相続―海外資産の出口戦略)

21 分散管理において留意すべき法務的なポイント
22 分散管理をする前に知っておこう!
26 プロベートっていったい何がそんなに大変なの?
31 海外の資産を維持していく上でのポイント―高齢化社会の問題点
32 分散管理とエステート・プランニングの必要性

第3章 財団・信託を利用した資産管理と相続ポイント

37 会社でなく,あえて信託・財団を使うメリットは何か?
38 そもそも会社(資産管理会社)を使う目的は何か?
42 国内の信託の受託者を誰に頼むべきでしょうか?
46 国外の信託(Trust)の受託者を誰に頼むべきでしょうか?
49 国外の財団(Foundation)とはどういうものでしょうか?

第4章 事業承継に関連する資産管理ポイント

51 企業価値を損なわない事業承継
53 事業承継で意識すべき会社法の制度
57 相続・贈与時における非上場株式の評価方法
58 事業承継税制の概要
61  M&Aの活用による事業承継

第5章 財産の分散管理の所得税・相続税等のポイント

67 所得税:海外関係の留意事項のポイント
71 所得税:公社債のポイント
76 所得税:不動産の売却のポイント
80 相続税等:財産の評価のポイント
85 税務当局の海外情報収集手段のポイント

第6章 海外を利用した分散管理の国際税務のポイント

88 海外で投資をした場合,どこで税金を払うのかに関するポイント
91 外国で所得を得た場合,日本で課税になるポイント
92 日本から外国に移住する場合の課税上のポイント
97 今後ある日本の税金関連リスク
100 分散管理と国際税務のポイント
ページ先頭へ戻る