税務関係|書籍のご案内|株式会社財経詳報社

書籍のご案内

税務関係

クローズアップ租税行政法 第2版

ISBNコード 978-4-88177-430-4
著者 酒井 克彦 著
定価 ¥2,916(税込)
発行年月 2016年08月

主要内容

租税法律関係において租税行政の果たすべき役割は大きく、本書は、租税法を行政的な視角から学習するために「租税行政法」として企画されたものです。
租税行政法というくくりの中で、組織法的領域、手続法的領域を中心にまとめ、特に、実務家が押さえておかねばならない問題関心、とりわけ税務調査や租税手続などに重点をおいて構成しています。
初版から4年。税務調査に関する手続きについての改正、マイナンバー制度の導入、資料情報制度の拡充、新しい加算税制度の創設など、新たに注目すべき租税行政法領域をめぐる動きを加えた新版です。

主要目次

第1章 租税行政法概論

1 租税行政組織論
2 租税行政の使命
3 法律による行政

第2章 租税確定手続

4 申告納税制度
5 更正・決定
6 更正の請求
7 理由附記
8 青色申告制度・記帳義務
9 推計課税
10 附帯税

第3章 税務調査

11 税務調査の基礎知識
12 質問検査権
13 税務調査とプライバシー問題
14 修正申告の勧奨
15 信義則の適用
16 守秘義務
17 調査における立会排除

第4章 滞納処分

18 納付・徴収
19 滞納処分

第5章 納税環境整備

20 納税者保護論
21 電子申告・電子納税
22 資料情報制度
23 共通番号制度
24 納税相談
25 行政情報環境整備
26 税理士制度

事項索引

判例・裁決索引

ページ先頭へ戻る