税務関係|書籍のご案内|株式会社財経詳報社

書籍のご案内

税務関係

借地権課税の基礎 法解釈と実務・税務のポイント

ISBNコード 978-4-88177-403-8
著者 橋本 守次 著
定価 ¥2,376(税込)
発行年月 2014年04月

主要内容

複雑な借地権課税に関する諸問題について、法人税、所得税、資産税の三つの側面から、かつ個人、法人の立場から解説した、実務家待望の1冊。
第1章は「借地権のあらまし」として「借地権」の定義、「区分地上権」「定期借地権」「権利金の慣行と沿革」について概説を行っている。
第2章は「借地権課税のあらまし」として借地権課税の「沿革」「範囲」を、第3章は「普通借地権に対する課税」として借地権の「設定」「譲渡」「転貸」「更新・更改」「返還」「消却・取得価額」「評価」を、いずれも法人税・所得税・資産税それぞれの場合での取扱いを解説している。
第4章は比較的新しい制度である定期借地権について、制度創設の背景から税目ごとの取扱いまでを解説している。
借地権課税の実務と税務を、幅広く、ポイントを押さえて解説した1冊。

主要目次

第1章 借地権のあらまし

1 借地権とは何か
2 権利金慣行と沿革

第2章 借地権課税のあらまし

1 借地権課税の沿革
2 税法における借地権の範囲
3 借地権課税のあらまし

第3章 普通借地権に対する課税

1 借地権の設定に伴う課税問題
2 借地権の譲渡に伴う課税問題
3 借地権の転貸に伴う課税問題
4 借地権の更新・更改に伴う課税問題
5 借地権の返還に伴う課税問題
6 借地権の償却・取得価額の計算等
7 借地権の評価

第4章 定期借地権に対する課税

1 総 説
2 課税上の取扱い
ページ先頭へ戻る