株式会社財経詳報社

書籍のご案内

金融経済

中国資本市場の現状と課題〈日中資本市場協力研究会リポート〉

ISBNコード 978-4-88177-297-3
著者 小川英治 責任編集
公益財団法人資本市場研究会 編
定価 ¥3,024(税込)
発行年月 2013年12月

主要内容

斯界の学者・専門家が集結!!中国資本市場の現在を読み解く
世界経済を牽引する中国。
本書は、中国資本市場の発展に向けた論点を整理し、さらには、日中クロスボーダー資本取引の活性化へ向けた提言がなされています。
日中両国の金融・資本市場に携わる方々のみならず、中国で事業活動をされる多くの実務者に対しても有益な1冊です。
今後の、日中金融市場の発展・協力の議論を進める上でのベースともなる決定版。

主要目次

刊行にあたって
はじめに
小川 英治

第1章 中国資本市場と対外開放戦略

―日中協力の視点から―
関根 栄一

第2章 最近の金融制度改革の動向

田中 修

第3章 中国の資本取引自由化

―1980年代以降の緩和プロセスとその特徴―
荒巻 健二

第4章 中国における外資系企業の活躍と課題

齋藤 尚登

第5章 中国における日本企業の資金調達の現状と課題

(2012年10月5日、日中資本市場協力研究会発表要旨のとりまとめ)
瀬口 清之

第6章 中国直接投資と外貨管理の法的側面

~クロスボーダー人民元建て投資解禁を踏まえて~
石本 茂彦・江口 拓哉

第7章 人民元の国際化とオフショア人民元市場

吉國 眞一・露口 洋介

第8章 中国の証券取引所のグローバル化戦略(香港を含む)

浦西 友義

第9章 中国本土における証券清算・決済の現状と課題

竹内 克伸

第10章 今後の日中経済関係を展望する

瀬口 清之

特別寄稿1 金融開国に向けた三位一体改革

―「変動相場制への移行」、「金利の自由化」、「資本取引の自由化」―
関 志雄

特別寄稿2 中国株式市場の課題

張 秋華
ページ先頭へ戻る